タグ:作品作り ( 113 ) タグの人気記事

私の受賞作品 『マルマライ』

“7つの丘 7つの芸術 -国際イスタンブル伝統芸術コンペ” で
相方さんと私、二人揃って入賞しまして、
相方さんの爽やかな受賞作品 を7月に紹介させて頂きました。

かなり鮮度が落ちてしまいましたが、
私の作品もご覧頂ければと思います。
b0206491_8165271.jpg

コンペのお題はウシュクダル(イスタンブルのアジア側の町です)。
絵の中心にウシュクダルの象徴である乙女の塔を置きまして、
その手前には海底鉄道トンネルマルマライを龍の姿で描きました。

マルマライは、
イスタンブルのヨーロッパ側とアジア側を結ぶ大陸間海底鉄道トンネル。
日本の大成建設によって施工されて2013年に完成しました。
そういう訳で、
東の国の日本を東洋的龍の形で表し、全体をサズ様式でまとめてみました。

描き終えてみて、やっぱりサズ様式を描くのは楽しい!
波打つような葉や花がリズムに乗って踊っているようで、
いつまででも描いていられます。
好きなんです。^^

2015-16シーズンも始まりました。
又、サズ様式の作品を描き始めようと思います。




クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-09-13 08:58 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)

相方さん受賞作品 『 Dostluk / 友情 』

先日、
7つの丘 7つの芸術 -国際イスタンブル伝統芸術コンペ” 
の表彰式がありました。

当日、入賞した作品も展示されていましたので、
友人や伝統工芸に興味のある方々もお誘いしたかったのですが、
お話好きのトルコの式典は、
来賓挨拶が長くて、長くて、兎に角、長くて。。。眠り落ちてしまいそう
(何分単位ではなくて、何時間?って位長い。)
来て頂いた方に申し訳ないので、
どなたにもお声を掛けず、
相方さんと二人で参加してきました。

結果。
ラマダン月中の式典は、皆、空腹で話が短く、
授与式もテープの早回しのように高速!
そして、式の後はイフタル(断食明けの食事)へダッシュ!!!
面白い経験となりました。^^

チニ部門のお題は、『ウシュクダル』で、
(ウシュクダルはイスタンブルのアジア側にある地区名です。)
こちらが、
一位入賞した相方さんの作品です。
b0206491_4183094.jpg

タイトルは DOSTLUK (ドストルック) / 友情です。
ウシュクダルと渋谷区が友好都市協定を結んでいることから、
それぞれの町を象徴する藤と花菖蒲、
ミフリマ・スルタン・モスクと東京モスクを描いています。
バックをターコイズブルーで塗りつぶし、
ボーダーも細かいルーミーを描き込んだ
とても手のかかった
40 x 120 cm の横長の大作です。

タイルの艶やかさは写真では伝えることができませんが、
ブルー基調の爽やかさで
満開の藤と花菖蒲の間を若々しく飛ぶ燕を
思わず立ち止まって見入ってしまう素敵な作品です。
渋谷区の方。新庁舎にこちらのタイル、如何でしょうか?^^


そして、
DOSTLUK(ドストルック) / 友情と言えば、、、

何年か前に、「トルコ文化センター」のコンテストに応募した相方さん。
日本トルコの友好をテーマにしたものということで、
Arkadas (アルカダシュ)/友 というタイトルの作品です。
b0206491_5431071.jpg

相方さん、見事、こちらでも1位をとって、

ヤッター!トルコ航空 イスタンブル往復ペアチケットだ!

と、その賞品に喜んだんですけれどもね、
蓋を開けてみたら、

日本発チケットであって、イスタンブルからの往復ではありません。

という無情なお言葉に、
イスタンブル在住の相方さん、

聞いてない!使えないじゃん、キーッ!!!

気の毒なことでした。。。






クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-07-18 05:23 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

入賞報告。 国際イスタンブル伝統芸術コンペ

3月末に応募した
 “7つの丘 7つの芸術 -国際イスタンブル伝統芸術コンペ” で、
相方さんと私、それぞれ1位、3位で入賞しました。
選んで頂けて感謝です。

チニ(装飾タイル)部門のテーマが、
“ウシュクダル”(イスタンブルのアジア側にある地区名)。
古い歴史のある地区です。

相方さんの作品は、
ウシュクダルと渋谷区が友好都市協定を結んでいることから、
それぞれを象徴する藤と花菖蒲、モスクを描いた爽やかな作品です。
40 x 120 cm の横長の大作です。

私の作品は、
乙女の塔、蛇、(龍の姿をした)マルマライ。
諸々テンコ盛りです。^^
サイズは 40 x 100 cm。


町がテーマとなると、
そこにある風景、シンボルとなる建築物や植物、歴史を描くことになるのですが、
タイルに風景画を描くというのが正直好きではありません。
私の力量だと、どう描いても観光案内図みたいになってしまいますので。。。
で、今回のコンペは参加せずにおこうかなと、
直前まで思っていましたが、
ホントにギリギリってところで、
苦手なものも描いてみようと改心?して挑戦してみました。

余裕がなさ過ぎて、図案は残しているものの、
どんな彩色をしたか、全体がどんな仕上がりだったか記憶にありませんが、
提出期限に間に合わせて描きあげることのできた達成感あり。
が、もっと計画的に、細部まで丁寧に仕上げたかったなと反省もあり。

今期2014-2015年は、時間に追われての制作活動となってしまいましたが、
来期2015-2016年は、計画的に、今期と異なる様式・雰囲気の作品作りに
挑戦したいなと思っています。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-06-14 21:38 | 日々の絵付けと作品と | Comments(8)

コンペ作品提出

昨日、コンペ作品を提出するため、
対岸のアジアサイド・ウシュクダルへ船で渡ってきました。
額装した10キロのタイル画を抱えて、
雨の中、傘もさせず、、、

ウシュクダル船着場から提出先の財団は近いため、
タクシーの運転手さんが、

「僕、そこ知らんし。行けへんわ~。」(嘘です。)

と嫌がり、乗車拒否しようとするところを、

「まぁ、まぁ、行けるところまで行きましょうよ。
近くに行ったら、私、その辺の人に道を尋ねますし。
さすが、ウシュクダルの運転手さんは親切やわ~」

となだめつつ、おだてつつ、無理やり乗車し、
途中、降ろされそうになるところを、
踏ん張って (笑) 、
お蔭で、作品もそれほど濡らすことなく、
(タイルなので多少は大丈夫なんですけど、何しろ重いので。。。)
目的の財団に到着しました。

到着したわ~、一安心!と思いましたら、
建物はどこにも電気がついてなく (トルコ全土で停電でした!)、
外装が剥がれたボロボロの概観、風通しが良すぎる出窓のある建物でして、
今年が第一回目のコンペ、二回目はもうないかもしれない。。。
b0206491_540599.jpg

b0206491_5412415.jpg


建物の中は、外装とは裏腹にとても素敵な木造家屋。ホッ。
惚れ惚れ眺めているうちに、
締め切り1日前ということで、
次々に作品を持った人が入って来たのですが、
私と相方さん以外は、皆、被り者した宗教心の厚い人々ばかり。
勿論、財団側の人々も、被り物の女性&髭の男性ばかりでして、
その場では、相方さん+私、もう異物のようで、、、
このコンペ、
かなり古典に忠実で宗教色が強めな作品が求められてるなと
再認識しました。

チニ部門に与えられたテーマは「ウシュクダル」。
宗教的要素を、
自分の作品に加えるのは本意ではないので、
古典様式のみにこだわって作品を描いてみました。
結果、オリジナリティが薄くなってしまいましたけど。
一ヶ月で出来るだけの事はしましたので、
これでスッキリ。
終了です!




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-04-02 07:08 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

またまた割れちゃったのよ。。。涙

b0206491_4183684.jpg

4月に出品予定で、
2月に描いていた40cm皿。
今回は色は綺麗に出ていたんですけどね、
焼成中にとても美し~く割れてしまったのですよ。

このお皿の後に、
タイルパネル制作が控えていたので、
描き直す時間もない、どうしよう!と
一瞬パニック状態になりましたが、
3月に書類(作品の写真添付)提出をする際には、
割れ目が分からぬようにくっつけて撮影し、
4月頭に急いで描き直して出品することにしました。笑
お皿ならば、額装も必要ないし、何とか間に合いそう。

と言う訳で、再び40cm皿描き直し中。
なかなか、完全な休日はやってきませんが、もうあと一息。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-03-30 04:33 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)

制作終了! 解放されました~。

大変ご無沙汰してしまいました。
今春出品予定の2作品の制作が漸く終了~。

昨日、イズニック窯から戻ってきた最後の作品を長距離バスターミナルでピックして
(割れないように、長距離バス運転手さんにタイル特別席に乗せてきてもらっています)、
額屋さん Galeri 310 へ直行しました。
相方さんの作品が、40 x 120 cm(20cm角タイル12枚組) の横長パネル。
私の作品も、40 x 100 cm (20cm角タイル10枚組)で
これまた横長パネルとなります。

大忙しの額屋さんに無理を言い (いつも言ってる気がする。汗)、
来週半ばに仕上げてもらって、
提出してしまえば、
10月から続いた今期 (2014-15)の、
作品展・コンペに向けての作品制作は完全に終了です!
長い冬でした。疲労困憊です。

筆の遅さ+直前までエンジンがかからない性格が災いして、
いつも提出日間際は徹夜続きになるのですが、
それで何とかこなしてきました。
が、最後ばかりは、体調も崩してしまい、かなり苦しかった。。。
もう無理は効かなくなったきたようです。

これに懲りて、もっと計画的に制作を進めていかないと反省しましたが、
来期もまた、同じことを繰り返しているような気がします。
ギリギリ綱渡り的に完成した時の達成感も格別だし。。。

春・夏シーズンは、またノンビリペースに戻って
楽しんで描いてゆこうと思います。
教室の教材用図案も増やしてゆく予定です。
お楽しみに!





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-03-28 18:48 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

私の受賞作品 『フラミンゴ、アーティチョークと瑠璃ジサと』

b0206491_344511.jpg

相方さんの受賞作品に続いて、
私の作品 『フラミンゴ、アーティチョークと瑠璃ジサと』 もご覧ください。
サイズは 80 x 60 cm (20cm角タイル12枚組)。

昨年夏休みに訪れたボドルム~ミラスのイメージを描いてみました。

主役はフラミンゴに見せかけて、実はアーティチョーク。 笑
ユニークな蕾の形状、花、大好きなんです、アーティチョーク。
トルコタイルでは、「ダマスカス手」でよく使われるモチーフです。
瑠璃ジサも、インパクトとしてはアーティチョークに負けるけれども、
美しいターコイズブルーの星型の花がとても絵になり魅力的です。

今回使った顔料のうち、
紫系のライラックとピンクの発色が失敗、
ピンクフラミンゴが白くなってしまい、
存在感薄く可哀想だったのですが、
予想していたのとは違う雰囲気に仕上がって、
これも、また、良かったかなと思います。
私自身お気に入りの作品となりました。^^


色について、思うこと。
トルコタイルで彩色に用いる伝統色は
コバルトブルー、ターコイズブルー、緑、赤 (稀に茶)の
4(5色)が基本です。
実際にこの4色で描かれた装飾タイルは迫力があって美しい。
色数が増える程、雰囲気が出るけれども、
タイル画の迫力、力強さは薄れていってしまうように感じます。

私自身の作品はというと、潔い4色使いのものは少なく、
常に多彩使いになってしまいます。
結果、ビシッと決まらず、
なんとなくボヤけた印象になってしまうような気がして、
色数を減らそうと努めてきました。
が、少ない色数でメリハリつけつつ纏めるのはとても難しく、

まだまだダメだなぁ~

作品が仕上がる度に、いつもそんな風に思ってたところ、
今回、授賞式の際に、審査員の方から、

色使いについては、この多彩使いが個性的で君らしい。
この路線で行きなさい。


とお言葉を頂いて、

そっか、これが私の個性なのか

と気が付きました。
調子に乗ると際限なく色数を増やしてしまいそうなので、
色数を抑える努力はしつつ、
(やはり色数少なく迫力あるのがトルコタイルの魅力だと思うから)
伝統を土台として、
自分らしい作品を描いてゆきます。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ



にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-03-01 05:01 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

相方さんの受賞作品 『ムシュフシュ』

b0206491_5205756.jpg


伝統工芸コンペ 『未来の匠たち』 に入賞した相方さんの作品をご紹介させて頂きます。

タイル画のサイズは40 x 80cm (20cm角タイル8枚組) 。
タイトルは『ムシュフシュ

(ムシュフシュとは→ )

ムシュフシュはなかなかの曲者で、
私なんぞは、恐ろしげな姿を想像するわけですが、
相方さんの描くムシュフシュは可愛らしい。
何故にこんなに可愛いの?
と問いましたら、
この外見の無邪気さで周りを欺くんです。グフフ。
なのだそうです。

そして、
ムシュフシュと一緒に描かれている植物は不老不死の実をつけるそう。
ちなみに、
この花の様式化と葉の流れが、
トルコ伝統様式らしい形であり構図なんです。

伝統とオリジナリティが上手く練られた素敵な作品。
こんなポップな額装の似合う装飾タイルってなかなかありません。
こ洒落たカフェの壁に掛けられていたら、イイよね~
なんて思わせる伝統工芸作品です。






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-02-28 05:46 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

40cm皿絵付け その2

先週は大雪の為、
アトリエにこもって ひたすら絵付け。
3月上旬締め切りの作品が仕上がりました~。
b0206491_11283825.jpg

後は焼き上がりがどうなるか。
それは、職人さんと天任せ。

今回、全体の構図と色使いを意識してThe トルコ!にし、
モチーフ(西洋ハナズオウ)の様式化は和風にしてみました。

何となくのイメージは出来るのですが、
最終的には焼き上がってみないと分かりません。
トルコ風味の強い作品になれば良いな。

楽しみなような怖いような。

でも、まあ課題を一つクリア。
描きあげて気持がすっきりしたところ、
雪降り零下の帰り道、
勢いで美容院に立ち寄り、
またまたバッサリショートにしたら、
首周りが寒い寒い。
ちょっと、早まってしまった。。。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-02-23 11:50 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)

40cm皿絵付け その1

予定では一ヶ月前に焼き上がっていたはずの40cm皿。
図案を描いては消し、描いては消して。
それでも、なかなか思うように描けなくて。。。

締め切り(3月初旬)目前になって、
一旦白紙に戻して、
一からスタート。
切羽詰ると描けるもので、
1週間で図案が出来ました。

(予定通りの組タイルだと間に合わないので、
 小さな40cm皿に変更したんですけどね。)

小さな画面に諸々盛り込もうとして、
纏まらなくなっていたので、
(私にしては)
思い切って殆ど描きこみなしって位に
シンプルなものになりました。
b0206491_20132557.jpg


色彩設計を終えたところ。
色数も沢山使いすぎるので、
今回はブルー&ホワイトでいこうかと思いましたが、
主役の西洋ハナズオウの特徴が消えちゃいそうなので、
多彩でいくことにしました。

絵付け開始します!




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2015-02-14 20:35 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)