タグ:工房・骨董品屋・お店 etc. ( 15 ) タグの人気記事

ヤズマ型に遇ってしまった。。。@骨董品屋

夏にワークショップに参加して以来、
すっかりはまってしまったヤズマ(木版プリント)。
  
  過去のヤズマ記事 → 色彩溢れる木版プリント・フェスティバル
             ヤズマ(木版プリント)開始!
             ヤズマ(木版プリント)始めの初めの一歩

早く木型を彫りたいけれど、
木型となる木は、
菩提樹を切り出して、2年乾燥させて、蜜蝋を塗って、、、、
待っていられません!
…と、
骨董品屋や旅先で木型を探すようになりました。

夏、ティレで出会ったヤズマ型 は コンディションも良くて、
持ち帰りたかったのですけれども、
お値段高く断念。

それ以来、イスタンブルの骨董品屋に出かけては、
チョコチョコ眺めているんですが、
なかなか気に入ったデザイン&状態の良い型に
巡り合えずにおりました。

で、先日久々に知り合いの骨董品屋さんから連絡入り、
訪ねてみたらドーン。
b0206491_16145717.jpg
グフフ。
とっても好みなモチーフ。
しかも状態良し。
いいなぁ~、いいなぁ~ 欲しいなぁ~。
グフフフフ。
店頭にある分だけではなくて、
デポにある分も見せてもらって、
ますますグフフフ。


この大量の木型どうしたの?

と尋ねると、

イスタンブルのアルメニア系のお家で、
故人の遺品整理をしていたら、
キリムとヤズマ型が沢山出てきたそうで、
まとめて引き取ってきたんだよ。

ある人にとっては宝物でも、
別の人が見たらガラクタなんだよね。

との事。
b0206491_17092618.jpg

ガラクタ大好き!
このヤズマ型の山から、
どの柄を買って、どう組み合わせようかなあ~と
頭の中でデザインを描いて、
思案中でございます ♪
どうしよう、どれを選ぼう!
タイルを描きつつ、頭の中はそのことでいっぱいです。 ^^
同じ家から出てきたという、
ほころびをかがりながら使われていたキリムも素敵だったんですけれど、
度々幻の湖が出現する我が家
(夏になると素焼きの床タイルから水が湧き出し、室内湖が出現したりする)、
トルコなのにキリムも絨毯も敷けません。涙



ところで、
こちらの写真を instagram へ載せましたら、
この型を買いたいんですけれども、お幾ら?
って問い合わせがトルコ人から入ってきます。
タイルの写真には問い合わせないんですけど。苦笑
骨董品屋始めようかしら?



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。







[PR]
by ateliercinicini | 2016-12-03 17:41 | ヤズマ(木版プリント) | Comments(0)

大好きなエブル(マーブリング)作家 Garip AY / ガリップ アイ

先日ある作品展に行き、
見疲れてベンチでボッーと座っていたところ、
ブツブツつぶやきながらやってきて、
突然隣にストンと座ったお髭の兄さんがおりました。

あなた誰?
お髭の下の顔をよーく見たら、、、
ガリップ君!
物凄く久しぶりに会ったのに、
昨日も授業で一緒だったかのように
自然に話続ける大学時代の同級生にビックリ!

久しぶりの嬉しい再会に、
早々に作品展を出て、
彼のアトリエにお邪魔しました。
b0206491_5274413.jpg

Garip AY(ガリップ アイ)、エブル作家です。
(ヒゲがなきゃカッコイイ。)

エブル(マーブリング)は、
中国から中央アジアを経て伝わったと言われる紙装飾芸術で、
色と模様がとても美しい。

美しいとは思うし、
制作工程は面白いね~ってワクワクするのですが、
実は、私、完成した(作品になってしまった)エブルを見て感動したことがない。
そんな私でも、
しかし、彼の作品だけは別でして、
思わず時間を忘れて見入ってしまう程に惹かれるのです。

絵画のようなエブル作品や、
エブルの上に描く水彩画など。
とても幻想的な作品を作り出します。
b0206491_528953.jpg

b0206491_5282836.jpg

いずれもGarip AY the art of ebru and painting より拝借。

気持ちも体もフワリと浮いてしまうような幻想的な作品や、
気温や香りまで感じられるような作品。
彼の作品はどれも優しく繊細で大好きです。
是非見てみてほしい → ガリップの作品です













クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-07-07 07:01 | (陶器以外の)工房・お店巡り | Comments(4)

Teppei さんの陶芸教室が始まった!

b0206491_15554491.jpg


Teppei さんが素敵な工房を構えてから、
教室を開ける、開けると言い続けて○ヶ月。笑

まだかしら?まだなのかしら?と待ち続けていらっしゃった皆さんへ。
Teppei 先生、ようやくレッスンを開始です!

日本では忙しくて教室に通えなかった皆さんも、
トルコのゆったりした時間の中で、
陶芸を始めてみては如何ですか?



トルコにもいろいろお教室はあって、
実は私も通ったことがあるんですが、
思うように学べずやめてしまいました。

私、まずは全体の流れ、工程を理解した後に、
作業を開始したい理屈派なんですが、
トルコ人の大半は考える前に体が動く突撃派。

先生は、突撃派達をまとめる司令官の如く、
説明なし解説なしで “次、これ、進め!” と指令。
(なんか先のデモにおける警官隊のような。。。)

生徒は生徒で、
先生の話を聞かず、皆、最初から、
好きなものを自由に制作しようとするし、
(だから、先生もちゃんと説明する気にならないのかもしれない、、、)
そんな生徒の暴走を、先生は適当に放置。
トルコ人、ほんと、自由すぎます。


で、何が言いたかったかといいますと、
段階を追って、
丁寧に基本から教えてもらえる教室って、
トルコじゃなかなかないですよ!
基本から学ぶのが上達の早道で、
モノ作りをより楽しめるんじゃないかと思います。

ご興味のある方は、Teppei さんへ直接お問い合わせください。
場所、開講曜日、連絡先など詳細はこちら



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村




*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
8月8日~9月13日の間、商品の発送をお休みさせて頂きます。
何卒、ご了承くださいませ。
尚、ご注文は受け付けております。
[PR]
by ateliercinicini | 2013-07-21 17:05 | タイル・陶器・工房散策 | Comments(6)

今年も行って来ました♪ スルタンアハメットの工芸スタンド巡り!

毎年の断食月のお楽しみ ♪
スルタンアハメットの工芸スタンド巡り。
今年も素敵なものが沢山並んでいました。

8月に一時帰国するので、
今回はお土産を買おうと思って行ったのに、
これは私用 !と余分なものまで
買っちゃいました。

細工の細かさに惚れ惚れの銅細工。
美しく彫られたルーミー(アラベスク)や幾何学模様。
b0206491_5262779.jpg

綺麗ですよね~。

以前に骨董品屋で手にした針ケースとブレスレットと
一緒に並べてニマニマしてます。
b0206491_5543485.jpg

メタルなのに温かみがあって良いな、良いな。


b0206491_5573161.jpg

作業机に置いて、
絵付け中も愛でています。
飽きません。笑

今年の断食月のお買物。
満足です。^^



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村




*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
8月8日~9月13日の間、商品の発送をお休みさせて頂きます。
何卒、ご了承くださいませ。
尚、ご注文は受け付けております。
[PR]
by ateliercinicini | 2013-07-15 06:04 | イスタンブルの日常生活 | Comments(2)

イズニックで素地屋巡り

5ヶ月ぶりにイズニックへ行ってきました。

人も自然も動物もノンビリ穏やか、
城壁からイズニックの町中に入った途端に、
ホッと落ち着き、
また、帰ってきたよ~
という気分になります。

今回は、絵付け用の素地の買い付けが目的。

トルコでタイル・陶器絵付けをする人々は、
通常キュタフヤの素地屋さんにオーダーし送ってもらいます。
その方が、もっと種類が豊富で価格も安いのですが、
なにせ、
「 丸い18cmの鉢を送ってね 」 と言えば、
「 花縁24cmの皿があったから、それを送るね♪ 」と返され、
ちょっとした傷や欠けは、
全くもって気にならないトルコ人に、
素地の選択を任せることはストレスが溜まる元なので、
時々、近場のイズニックへ買出しの旅に出かけています。

イズニックでは、通常、窯屋さんが素地屋さんも兼ねています。
私たちがいつも焼成をお願いしているのが、La Edri Çini
(La Edri は、“詠み人知らず” 的な意味。カッコいい!)
他にも、素地を見に行く店が数件あり。
最近、タイル絵付けをする方が増えてきて、
よく尋ねられるので、こちらに書いておきますね。

1.La Edri Çini
   Atatürk Caddesi Hamamı Çini Çarşıı No:7
   イズニックの中心にある Murat hamamı の敷地内にあります。
   こちらのベテラン職人Remzi さんに、いつも教えを乞うています。
   イズニックの先生的存在です。

2.Turkuaz
   Maltepe Caddesi No:40
   広くて、素地の種類も多いお店です。
   オリジナルの顔料や、無鉛釉も販売しています。   

3.Mustafa Cömert
   Mehmet Gündem Sk. Güngörler Pasajı No.17
   素地の種類の多さではイズニックでは一番です。
   材料や技術面の知識については、上2つのお店の方があります。





Aちゃんはきっとこんなのが好きでしょ!
B君はこれを選ぶに違いない!
と想像しつつ、
こんな可愛いレリーフものも買ってみました。
b0206491_20342392.jpg

子供たちも楽しく色塗りできそうです。
綺麗に彩色して焼きあがったレリーフを、絵を描いたタイルに貼り付けたいね。

b0206491_20375887.jpg

教室で、ワイワイキャーキャー、皆で絵付けをするのが楽しみです♪




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2013-05-27 20:56 | タイル・陶器・工房散策 | Comments(4)

買っちゃった!Teppei さんの器 !

青空が広がって気持ちの良い季節です。

昨日はベシクタシュから船に乗り、
対岸のウシュクダルにあるTeppei さんの工房へ
釉掛け作業をさせてもらいに行きました。

少量のちっこい箸置きに釉薬をかけるのに、
相方さんと、

釉薬、薄すぎるんじゃない?
? 濃すぎるんじゃない?
??いや薄い上に少なくない?
これでええよ~、多分。。。そんな気がする。。。

とあやふや適当なことを言いながら、
絵を描くほうが100倍 楽よねぇ~と、
四苦八苦の釉掛けをしている傍らで、
Teppei さん、美しい酒器を並べて余裕の作業。
さすが、陶芸家!

(ちなみに。
 よく間違えられますが、
 相方さんと私は陶芸家ではなく絵師なのでございます。
 なので、いつもは絵付け専門。)

もともと少なかった箸置きなのに、
結局、作った釉薬が足りずに
3分の1は次回持ち越しってことで!
と早々に作業を切り上げて、
チャイを飲みながらの
楽しいおしゃべりの時間となりました。汗


そんなこんなで、
仕事はほどほどに、
本目的のドンブリと小鉢を頂いてきました。^^
b0206491_19543062.jpg

いいですねぇ~。いいでしょう~。
こんなの欲しかったんです!
(カップは以前から使わせて頂いている
 トルコらしいチンタマーニ模様。)

最近、ますますフクヨカになってきているワタクシに、
相方さん、小鉢を指して
これをお茶碗にしたら痩せられますよ
と、ごもっともなご意見を下さった。
ありがとうね、相方さん。


Teppei さんのブログ → 『イスタンブル的陶芸生活
工房住所 :  Güner sokak (karakol sk.) no:10
          selami ali mh., 34664 Üsküdar
          バス停 fıstıkağacı から歩いて5分弱









クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2013-04-26 20:29 | タイル・陶器・工房散策 | Comments(2)

ハマムタオルの大人買い

夏はシャワーを朝晩浴び、
仕事中は汗を拭き拭きの作業なので、
タオルは何枚あっても足りません。

毎日毎日洗濯されて、
タオルがかなり色あせてきました。

新学期だし(トルコの新学期は9月です)、
新しいもの買いたいし、
タオルを7枚大人買い。
  
(新学期とタオルは関係ないんですけれど、
 何故だか買い物に理由付けしたかったんです。)


b0206491_3511133.jpg
        カラフルで綺麗でしょう?

いつもコットンの薄い平織りタオルを使っています。
トルコのハマムでも使われているタイプのタオルで、
使っていくうちに、
クタッと柔らかくなり、
肌触り良し、
吸水性良し、
乾くのが早い優れものです。

最近はバンブー繊維で作られたタオルも多いようで
手にとって見ていたら、
タオル屋のおじさんに、

「 そんなの流行だよ。
  息子も流行を追ってバンブーを使っているけど、
  コットンが良いにきまってるじゃないか!
 」

と言われて、逆らう事が出来ず。

はい、仰るとおりです・・・

と、素直にコットンのタオルを買ってきました。
気が弱いもので。。。

b0206491_414919.jpg
      いつもニコニコ迎えてくれるんだけど、客より強いおじさんです

こちらのお店グランドバザール内にあるのですが、
値段交渉ほとんどなしで気軽にお買い物できますし、
質もよいのでお勧めです。
(タオルの他にもテーブルクロスなどもあります。)

普段使いに、お土産に、ハマム・タオルは如何でしょう?



AZAD TEKSTİL
住所 : Yağlıkçılar Caddesi No: 16
      Kapalıçarşı İstanbul








クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************




オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-04 04:54 | (陶器以外の)工房・お店巡り | Comments(8)

骨董品屋 Eski Fener

出来上がった渋い看板を届けて来ました。

お店のオーナーは、このタイルにメタル額を作って外壁に取り付ける予定だそうですが、
「とりあえず、ここに置いておこうね~」と、勝手に飾ってみました。^^

b0206491_555509.jpg

あらっ、イイじゃない?

b0206491_63346.jpg

とっても似合ってるじゃない?

看板。
最初は余白にランプや花の絵を描こうとしましたが
最終的にはオーナーの希望通り、
絵はなし、枠に文字のみにシンプルなものになりました。
さすが、オーナー。
このシンプルさがお店にピッタリでした。


ちなみに、お店の中はこんな感じ。

b0206491_6372779.jpgb0206491_6375685.jpg














飾り棚や鳥籠、時計や燭台。
何でもあります。
一見、どれもガラクタ。
じーっと見ると、どれもお宝。


気に入ってしまった、、、
b0206491_6124933.jpg
   可愛いラベルの薬瓶と、

b0206491_6131252.jpg
   分厚いガラスのランプ。


買っちゃおっかな、どうしようかな。
只今、思案中。。。





*骨董品屋 Eski Fener      日曜休
 <住所>  Ağa Hamamı Cd. No:16 / B 
         Çukurcuma - Cihangir , Istanbul








クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-03-31 07:00 | (陶器以外の)工房・お店巡り | Comments(6)

渋い看板の出来上がり!

骨董品屋のオーナーに頼まれて作った看板が出来上がってきました。

いつも描いている装飾タイルは、
室内装飾用に使うもので、
明るいけれど深みがある美しい発色が特徴ですが、
今回は、いつもと違うタイル素地と釉薬を試してみたので、
仕上がりは想像できず。。。

初めて使った素地は、より風雨に強く、外壁でも使えるので、
表札や看板に向いているとのこと。

結果、、、
b0206491_3262945.jpg

渋い! 
(写真ではよくわかりませんけど)
深みはあるのは同じなのですが、、、う~ん、渋い!  
コバルトブルーが日本の藍色に似ているかな?

今回のように文字だけならばOKだけど、
模様を描き入れる時には、
この渋みにあった絵じゃないと、
違和感を感じるかもしれません。

この渋い看板、
骨董品屋の渋いオーナーには似合ってる気がしますが、
さて、気に入ってもらえるかしら?





クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2012-03-18 03:51 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)

看板

いつも行く骨董品屋さんに頼まれた看板。
b0206491_018423.jpg


お店の名前 『 Eski Fener 』 は、古ランタンの意。

お店のオーナーに、

「余白にランプの絵を描きましょうか?」

と尋ねたら、

「花がいいな。」

とのお答え。
では、

「ランプっぽくホタルブクロ、ツリガネ草がよいかしら?」

の問いに、

「いいや、花らしい花がいい。」

との事。

それではと、アナトリアの骨董品・古道具を扱うお店なので、
アナトリア原生の花、ニゲラ(トルコ名:チョレッキ・オトゥ)を
描き入れてみました。

出来上がりを見たオーナー。

「やっぱり花はいらない。店名だけにしてね。」

「・・・そう?花いらないの?」

「いらない。店名だけがカッコイイ!」

と言う訳で描き直し。
そして、
シンプルに店名のみの看板の出来上がり!
焼きあがると、
ターコイズブルーと紫をポイントに使い、
コバルトブルーがメインの看板が出来上がります。
オーナーの思い描くカッコイイ看板が焼きあがりますように!



クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
 
[PR]
by ateliercinicini | 2012-01-29 00:24 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)