タグ:様式・文様・技法 ( 23 ) タグの人気記事

アディル・ジャンさんの個展 & チャナッカレ手

今月初め、
久々の夜行バスに乗って行った先はチャナッカレ。
アディル・ジャンさんの個展が目的です。

チャナッカレ セラミック ミュゼシで
2015年12月31日(09:00 - 17:00 月曜休)
まで開催されています。
http://canakkaleseramikmuzesi.org/index.php/tr/sureli-sergiler


b0206491_20363614.jpg

トルコで陶器と言うと、
イズニックやキュタフヤで見られる
白い素地に色鮮やかな彩色、
透明釉の掛かった陶器やタイルを思い浮かます。
が、
チャナッカレはそれとは全く趣を異にする陶器です。
赤土素地の上の絵付けはとてもシンプル。
黄色や緑の彩釉が賑やかです。


チャナッカレ手と呼ばれる陶器について少しばかり説明しますと、、、

チャナッカレ(都市名です)を中心とした地域で
17世紀の末位~20世紀初頭に作られていた
日用品やお土産陶器で、
タイルは生産されていませんでした。

それまでの(イズニックやキュタフヤの)伝統や宮廷様式から
かけ離れた生き生きと自由な作風です。
(不思議な程影響を受けていません)
17世紀末から18世紀のものはどちらかというとシンプル、
19世紀以降のモノはゴテゴテと装飾過多になってきています。

b0206491_20342257.jpg



その斬新で必要以上に誇張された感じが、
面白いと感じるか、グロテスクと感じるかは人それぞれ。
この子は、ライオンらしい。。。
b0206491_20374999.jpg



ライオンよりも強そうなおさる殿。
後ろに居るのはキリン様です。
b0206491_2092823.jpg


動物たちがどの子も優しい表情でイイ味出してます。
ゴテゴテ系のチャナッカレ手は苦手ですけど、
大らかな優しさが滲み出てる
アディ・ジャンさんの動物作品が大好きです。
チャナッカレ手のテクニック・伝統を汲みながら、
オリジナリティが溢れています。

欧米にはチャナッカレ手のコレクターが多いのですが、
最近ではトルコ国内でも注目が高まってきています。
私も、手元に置きたい子が2,3作品。^^
個展が終わった頃、
アトリエを訪問しようと思います。


チャナッカレはイスタンブルから車で6時間ほど。
気軽にお勧めするには、
ちょっと遠いですが、
トロイの遺跡へ行かれる方、
近くまで行かれた方は是非お立ち寄りください。



クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2015-10-19 21:10 | 様式・文様・技法の話 | Comments(2)

お皿の絵付け - ブルー&ホワイト 葡萄

ダマスカス手のお皿に次いで、
葡萄モチーフのお皿を描きました。

16世紀のイズニックのオリジナルを、
日本人らしく忠実に模写
b0206491_22302697.jpg
 
焼きあがると下の様にコバルトブルーとターコイズブルー、
二色使いのお皿になる予定。
b0206491_22335429.jpg


ボーダー部分の波濤文は
オリジナルは元時代の青花を真似たものですが、
ここはよりトルコ的に、
大波の中に渦巻きで埋め尽くす形に変えて、
その内側の花束も、
キッチリ左右対称にしてみました。

どうです?
トルコ人以上に“トルコらしさ”を掴んでるでしょう?笑










クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-22 22:56 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

葡萄のモチーフ - 明磁器とイズニック陶器

オスマン朝の人々は元・明時代の磁器に憧れ、
イズニックでもその模倣品を生産させていました。
中でも人気があったのが葡萄柄のお皿です。

b0206491_2032880.jpg
上がトプカプ宮殿にある明代のお皿で、下がイズニックで作られたお皿。
b0206491_204230.jpg


中央の葡萄柄部分と抜き出して、
明代のお皿を反転したものとイズニックと比べてみるとそっくりでしょう?

b0206491_20422322.jpgb0206491_20432090.jpg三房の葡萄、九枚の葉、枝の巡り方等、構図がほぼ一致します。
おそらく、宮廷工房で明のお皿に
紙をあて絵を写取って型紙を作り、
その型紙を使ってイズニックで
絵付けされたのでしょう。

型紙はあるけれども、
お皿の現物を見ずに描いたためか、
それとも嗜好の違いなのか、
完全な模写と違って、
面白い相違点が見られます。

写実的な中国磁器に対して、
イズニック陶器では、
葉の葉脈が微妙に様式化されて
2色使いになっているし、
葡萄は整列したイクラの粒の様。
空間恐怖症のためか、
周辺に蔓を更に長くクルクルっと
伸ばしたり、
オリジナルにはない蔓を描き足して
広めの余白を埋め尽くしている。

結果、オリジナルと雰囲気の異なる
オスマンらしいデザインになっています。
「模写しなさい」と命じられたら、
日本人なら筆使いから余白、
葡萄の粒の数といった細部まで
そっくりそのまま真似ようとすると思うのですが、
この適当さ、大らかさがとっても魅力的だなと思わせるイズニックです。






クリック、ありがとうございます!



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2012-09-22 21:53 | 様式・文様・技法の話 | Comments(2)

モチーフの話・バラの持つ意味

冬から一気に夏に突入したイスタンブル。
家の庭でもバラが咲き、毎朝窓を開けると甘い香りが部屋の中に流れ込んできます。
バラの存在感は圧倒的です。
その美しさから思えば当然な事、オスマン朝装飾でもバラのモチーフはよく使われま
した。布や絨毯を始め、もちろん陶器でも好まれて描かれています。

ですが、コーランの挿絵やモスク・廟の壁面タイルで多用されているのは、美しいから
という以上に、宗教的シンボルとしての性格によるところが大きいと思われます。
オスマン朝でチューリップが神の変化とみなされたのに対して、バラは預言者の汗
から伸び、神の慈愛に到達する魂のシンボル
であるとされていました。

そんな意味を持つ美しいバラ。
タイル・陶器で描かれるとこんな形になります。

b0206491_5391599.jpg

              ルーブル美術館蔵 16世紀イズニック皿  
     
     お皿に描かれたバラ。
     蕾は分かり易いですが、横から見た姿、これがバラだとすぐに分かる人は
     少ないのではないでしょうか?
     なんだか脳の様で、美しいとは言い難い・・・。


b0206491_5401169.jpg

              リュステムパシャ・モスク 正面入口左壁     

     上から見たバラ、蕾、そして下(裏)から見たバラ。
     上から見たバラの図は、ペンチと同じに見えます。
     この二つを見分けるには葉を見てみましょう。
     バラの葉はふっくらと、そしてギザギザとしています。

b0206491_5432242.jpg

               エユップ・スルタン廟の外壁

     こちらも、リュステムパシャ・モスクのタイル同様に、ペンチに似ています。
     上から見たバラの花と蕾です。
     壁面装飾タイル全般に言えることですが、一枚のタイルから受ける印象と、
     それが壁一面に並んだ時に受ける印象が変わります。

b0206491_544691.jpg

            
     同じタイルの並ぶ右上に一枚、サイズが異なる青地に白文字のタイルが嵌め
     込まれています。
     書かれている文字は預言者の名、ムハンマド
     タイルのサイズが異なるので、前もってここにこのタイルを嵌め込む事は
     プランになかったのだと思います、私見ですが。
     スルタン・エユップ廟を修復する際に、建築指揮をした人が命じたのか、
     タイルを張る職人さんが自らの思いで嵌め込んだのかわかりません。
     ですが、ここがムハンマドの同志アブー・アイユーブ・アル=アンサーリー
     の廟であることを想い、バラの象徴するところを考えると、バラ柄のタイル
     の上に、ムハンマドの名が置かれたことが一層意味深く感じられます。



クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-06-15 06:31 | 様式・文様・技法の話 | Comments(8)

日本人好みのタイル。17世紀ブルー&ホワイト

b0206491_5445144.jpg

17世紀タイルの代表。
Bağdat Köşkü, Topkapı Sarayı /  トプカプ宮殿 バグダード・キオスク(1638-39)


16世紀後半、オスマン芸術の絶頂期。
オスマン朝領土が拡大し建設事業も盛んになり、領土各地に新築されるモスクを装飾
する為に、次々とタイルが生産されてゆきました。
タイルの品質もこの頃が最も優れており、素地、絵の具、釉薬どれをとっても最高品質
で、絵付師の腕も比類を見ません。
澄んだ透明釉の下に描かれた鮮やかな花々は、まるで泳いでいるかの様に生き生き
としています。

それが17世紀に入ると、急速に質が劣化、色はくすみ、釉薬は濁る、図案は16世紀に
描かれたものをアレンジして使いまわすようになります。
16世紀と17世紀の作品の差を明らかに見ることにできるのが、トプカプ宮殿内で隣同士
にあるSünnet Odası(割礼の間)とBağdat Köşkü(バグダート・キオスク)のタイル画
です。 
 *Sünnet Odası(割礼の間)は17世紀に建てられましたが、外壁には16世紀の
   タイルも使用)

麒麟
b0206491_546156.jpg

こちらが、Sünnet Odası(割礼の間)にある16世紀のサズヨルのパネルです。

b0206491_5464743.jpg

Bağdat Köşkü(バグダート・キオスク)にある17世紀のサズヨルのパネル。 
下に2頭のキリンがいるのですが、釉薬が流れてはっきりとしませんね。

花瓶
b0206491_5473628.jpg

       花瓶はすらりと上品で、ルーミーが流れるように美しい!(16世紀)

b0206491_612588.jpg

花瓶は、どんなに花を挿しても倒れませんという位にドッシリとして、中に描かれている
ルーミーは何とも野性味があると言いますか、タクマシイ感じです。(17世紀)


b0206491_549278.jpg

    目が鋭く、羽毛の温かみを感じさせる程生き生きとしています。(16世紀)

b0206491_550615.jpg

   手を抜いて描かれたわけではないのですが、、、漫画チックです。(17世紀)


どうでしょう?
16世紀と17世紀の差、歴然ですね。
16世紀のタイルの方が優れていると断言できると思います。

ですが、なぜか、日本人には、17世紀のタイルの方が、圧倒的に人気があるのです。
絵付け教室に通われる方とお話ししても、断然17世紀派が多いですし、お土産用の
タイルとして17世紀もののデザインが欲しいとおっしゃる方が多いのです。

16世紀派、特にシャークル・ファンの私としては、ちょっと複雑な気持なのですが、
17世紀ブルー&ホワイトが好まれる理由を考えるに、
コバルトブルーの発色がソフトで、ターコイズブルーを多用しているのと、
釉薬が流れて滲んでいる事によって、
全体が柔らかく明るい雰囲気になっているためなのかしら?
と勝手に分析しているのですが、どうでしょう?

イスタンブルで気軽に見られる17世紀のタイルは、エミノニュにある Yeni Cami(イェニ・モスク) (1663) 、トプカプ宮殿にある Revan Köşkü (レヴァン キオスク) (1638 ) 
Bağdat köşkü (バグダード キオスク)(1638-39)です。
Yeni Cami の近くには、16世紀タイルの傑作、Rüstem Paşa Camii (リュステム
パシャ モスク)
があります。
是非見比べてみてください。




クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-04-20 05:55 | 様式・文様・技法の話 | Comments(4)

Bahar Ağacı (春の樹)

b0206491_23315656.jpg

            トプカプ宮殿・割礼の間 正面外壁タイル
トルコの春。
陽の暖かさが増し始め、アーモンドや杏の花が咲きはじめると春の訪れを感じます。
アーモンドの花も杏の花も、一見すると桜を見ているようで、トルコにいながらフッと
日本に心を運んでくれます。
そんな春を象徴する桜のような木々。
オスマン朝モチーフ、Bahar Ağacı (春の樹) (又はBahar Dalı(春の枝))です。

もともとは中国起源の梅や桜を様式化したモチーフが、イランを経由してイスラム芸術へ
伝わり、ミニアチュールや写本の挿絵で14世紀より描かれ始めたと言われています。
オスマン朝では16世紀に、まずカラメミによって写本装飾で使われ、その後タイルモチーフとしても使われました。

b0206491_23445894.jpg

           Eyup Sultan Turbesi (エユップ・スルタン廟)

一枚のタイルに小花として描かれる事もありますが、多くの場合は、宮殿や廟、モスクの
入り口やミンベル(説教壇)に飾られる大きな組タイルとして描かれています。
天国の緑茂り豊かな様を表しているのだそうです。

b0206491_23503451.jpg

    ぶれてますが、、、Hürrem Sultan Türbesi (ヒュッレム・スルタン廟)

トルコのお土産物屋さんでは、一般的にBahar Ağacı (春の樹)とは言わず、命の木
呼ばれていて、日本人に大変人気があるのだそうです。
中国起源のBahar Ağacı (春の樹)がもつ東洋的なものが、私達を意識下で惹きつける
のかもしれませんね。




クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-04-14 00:02 | 様式・文様・技法の話 | Comments(2)

逆さチューリップ

b0206491_1402230.jpg

この花、ご存知ですか?  
トルコ語で Ters Lâle (テルス・ラーレ) / 逆さチューリップ と呼ばれる花です。
インド・ヒマラヤ~イラン・トルコ東部が原産で、日本では瓔珞ユリ(フリチラリア・インペリアリス)と呼ばれています。

タイルモチーフとしては、17世紀に数例見られるのですが、、、
b0206491_1482486.jpg

かなりデフォルメされて、インパクトあります。
これは、トプカプ宮殿のハレムを飾るタイル・パネルに描かれたものです。

b0206491_247117.jpg

大きなタイル・パネルの中で、逆さチューリップの存在感は圧倒的です。

これを手本に新たに作られたタイル・パネルを 『写真でイスラーム』のmiriyunさん が
紹介されています。アブダビのシェイク・ザイード・モスクで見られるそうです。
このシェイク・ザイード・モスク。タイルだけでなく象嵌細工の見事さ、ガラスの可愛らしさに
釘付けになってしまいました!必見です!


b0206491_134022.jpg

逆さチューリップはこの頭を垂れたような姿から、哀悼の意を表していると言われ、
オスマン時代の墓石によく彫られたモチーフです。
現在でもトルコ東部ではお墓の周りに植えられています。
同様にその姿から、キリスト教徒の間でもイエスが磔になった際に、頭を垂れ涙した花と
され、聖なる花とみなされているのだそうです。(トルコ以外の国ではどうでしょうか?)

b0206491_1332873.jpg

スルタン・メフメッド4世に献じられたガズネヴィー(Gaznevî)アルバムの一頁 (1685)
イスタンブル大学図書館所蔵  (Nurhan Atasoy / 『Hasbahçe』より
)

また、別名 Ağlayan Gelin(アーラヤン・ゲリン) / 泣いてる花嫁 とも言われています。
花が開いた時に、花嫁の頭を飾るレースを掛け、楽器を打ち鳴らして聞かせないと、
すねて頭を伏せ、翌年花をつけないという伝承があるそう。
なかなかに気難しい花嫁ですね。

b0206491_1345194.jpg

              (Hakkarim.net よりお借りしました。) 

トルコではハッカリ、ヴァンが自生地として有名ですが、イスタンブルでも毎年、
エミルギャン公園やギュルハネ公園で見られます。
4月、チューリップの季節にイスタンブルにいらっしゃっる方、是非探して見て下さい。

b0206491_3152949.jpg

      他のチューリップより頭一つ出てる、ノッポさんです。


クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-01-23 03:35 | 様式・文様・技法の話 | Comments(7)

どうしてチューリップが好きなのか。

b0206491_2158303.jpg

                 トプカプ宮殿・割礼の間

トルコタイルと聞いて、一番最初に思い浮かぶ花は“チューリップ”ではないでしょうか?
トルコでは“花と言えばチューリップ”と瞬時に、そのイメージが浮かべられる程に、
色々な場所で様々な素材の上に描かれて、私達の脳裏にすりこまれています。
タイルをはじめ、カフタン(スルタンの衣装)、ハット(書道)、テズヒップ(書の装飾)、
細密画、螺鈿細工等など、、、

b0206491_223326.jpgb0206491_21573196.jpg















チューリップの形で“Ya Allah”            チューリップ模様のカフタン
                           男性が着るのですが、、、派手ですね。。。


では、どうしてチューリップなのでしょうか?
チューリップは元々、アナトリアからカザフスタンにかけて自生する野草です。
それがアナトリアではセルジューク朝時代に入ると、好んで庭園で育て愛でられるように
なりました。
可愛らしい、綺麗な花だから好かれたのは勿論でしょうが、チューリップは象徴的な意味
を持つ為、他の花とは別の思いで愛されたといいます。

ペルシャ語・トルコ語で、チューリップは Lâle(ラーレ)。
アラビア文字で表記すると、 لاله 。 
アルファベット Lam - Elif - Lam - He からなります  。
神 Allah (アッラー)は、 الله  : Elif - Lam -Lam - He 。
順は異なりますが、同じアルファベットから成り立っています。

こういった訳で、“神が形を変えて現れた姿=チューリップ”と捉えられ、人々は
チューリップに神聖さを感じ、モスクや、廟、墓石など宗教的な場で頻繁に描かれた
のだそうです。

b0206491_22164874.jpg

                   アヤソフィア内図書館
b0206491_22233649.jpg

                   リュステム・パシャ モスク

枝や葉がチューリップを突き抜けて伸びていたり、チューリップが岩を貫いていたり、、、
皆、とっても元気で逞しいですね。



クリック、ありがとうございます!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-01-14 22:36 | 様式・文様・技法の話 | Comments(4)

Natüralist Üslubu / ナチュラリスト様式

b0206491_3454259.jpg

    Rüstem Paşa Camisi /リュステムパシャ・モスク(1561)・イスタンブル

 チューリップ、カーネーションとヒヤシンスが半様式化された形で描かれています。
 雲を縦に描くと、火の玉に見えますね。。。 


これまでのタイルで見られた花は、宮廷様式と呼ばれるハターイ様式の花々。
(特定の花ではなく、一般的な花の縦断面(=ハターイ)、真上から見た姿(=ペンチ)を
様式化して描いたもの)
ババ・ナッカシュ様式でもサズ様式でも、花と言えばハターイとペンチが用いられています。

陶器においては、職人様式ダマスカス手の作品で、ハターイ様式以外にも、植物を
半様式化して描いたものが既に見られましたが、16世紀後半多彩下絵付けが始まると、
タイルにもそれが持ち込まれ、更により多くの種類の花々が描かれ始めます。
これをハターイ様式に対して、“ナチュラリスト様式”と呼びます。
(その中でも、チューリップ、カーネーション、ヒヤシンスとバラの文様が多く使われる為、
“四花様式”と言われることもあります。)

b0206491_4432538.jpg

  Rüstem Paşa Camisi /リュステムパシャ・モスク

   ボーダー部分にチューリップ、カーネーションとヒヤシンスが使われています。
   この三花は協調性のある優等生!


この様式を宮廷工房で、描き始めたのはKaramemi(カラメミ)
サズ様式をイランから持ち込んだシャークルの弟子です。
これまでの宮廷工房で描かれる図案は、中央アジアやイラン的要素の強いもので
あったので、このカラメミにより、ようやくオスマン朝オリジナル様式が生みだされた
と言えます。

b0206491_454505.jpg

     Eyüp Sultan Türbesi/ エユップ・スルタン廟 ・イスタンブル

   真ん中で存在感があるのはバラ。
   バラは半様式化されるとペンチに似ていて判別するのが難しいですが、葉っぱを
   見ると分かります。


b0206491_524386.jpg

    壁全体を見てもバラの自己主張はとても強い!さすが女王様です。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2010-12-30 05:13 | 様式・文様・技法の話 | Comments(0)

華やかです!イズニック多彩下絵付け

b0206491_455329.jpg

     Süleymaniye Camii / スレイマーニエ・モスク (1557)・イスタンブル

これまでのイズニック・タイルと言えば、主色のコバルトブルーと、それに加えターコイズ
ブルー、緑(オリーブ色)、紫色で彩色された“トルコブルー”のイメージを持つ下絵付け
タイルでした。
それが16世紀後半、正確には、1557年に建設されたスレイマーニエ・モスクを飾る
タイルで初めて赤が使われ、華やかな“多彩下絵付け”が始まります。
b0206491_5351529.jpg

       赤が加わっただけで、イメージが随分とかわるものですね。

加わった赤は、トルコ語ではトマト赤、或いは珊瑚赤と呼ばれる盛り上がった赤色。
輪郭線は黒で描かれるようになり、更にエメラルドグリーン、茶色、17世紀初期には
ピンクが加わり、文字通り、多彩、豊かな彩りを見せ始めます。

スレイマーニエ・モスクから4年後、、、
b0206491_617010.jpg

   Rüstem Paşa Camisi /リュステムパシャ・モスク(1561)・イスタンブル
 
華やかですねぇ~。 花々が咲き乱れています。
 リュステムパシャ・モスクの正面入り口にあるタイルパネルです。

部分的に拡大しますと。。。
b0206491_68838.jpg

赤いラインの結び目の中。紫が見えますね。
とても深みがあって素敵な色ですが、華やかで艶のある赤の横では映えません。
そのためか、赤の登場すると、紫は次第に消えていきました。
残念です。紫には紫の味があり、それを活かす事も出来たでしょうに。。。

b0206491_6222768.jpg

  Eyüp Sultan Türbesi/ エユップ・スルタン廟 ・イスタンブル

マットなピンク。
赤を見慣れている目には、ピンクはちょっと不思議な感じがしますね。

そして、これは、どうでも良いことですが。。。
杉の幹が描かれたタイルの下。
本来は別のタイルが嵌められなければいけなかったのに、どっか行ってしまった
のでしょうか?
唐突に、チューリップの半身とペンチが見えます。
何気に、この場に合っている気もしますが。。。

多彩下絵付けタイル
色数が増え華やかですね。
これぞ、オスマン朝タイル!という感じがします。
モチーフもこれまで見てきたものと異なる感じがしませんか?

今回は色のお話でした。デザインについてはまた次回。


クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2010-12-25 06:45 | 様式・文様・技法の話 | Comments(4)