タグ:陶小物作り ( 70 ) タグの人気記事

《新作》 6月のタイル第2弾 『アジサイ』

先日ご紹介した『おたまじゃくしは蛙の子』に続いて、
アジサイ』が焼きあがりました。

b0206491_541525.jpg

                     窪田さん作です
   
     アジサイを囲むように顔をのぞかせたカタツムリが可愛い!
     モコモコ雲がアジサイをぐるりと廻って空に浮かんでゆくようです。

b0206491_5485585.jpg

       6月のタイル、『アジサイ』と『おたまじゃくしは蛙の子』。
       それぞれ色違いもあります。
       (10 x 10 cm  タイル )

          

    雨の続く季節。
    賑やかで可愛らしい動物達や、生き生きと咲く花に囲まれて
    気持は晴れやかです。



クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-06-08 06:07 | 日々の絵付けと作品と | Comments(4)

ハリチ手の鍋敷き&コースター

b0206491_0131032.jpg

以前にご紹介した Teppei さん作 チンタマーニ柄のマグカップ
眺めているうちに、これに似合ったコースターが作りたくなりました。

和的雰囲気のカップには、ハリチ手が似合うんじゃないかしら?
b0206491_0813.jpg

               真ん中にチンタマーニをポンッと置いてみました。
               カップとお揃いです。^^


じゃ、ついでにお気に入り鉄瓶用の敷物も。
b0206491_0857100.jpg

                  こちらは正統ハリチ手で。

という訳で、ここのところ毎日、
小花をチョンチョンチョン、
渦巻きをグルグルグル、
と描いています。

b0206491_071061.jpg


出来上がりは白地に藍色。
綺麗に焼きあがると嬉しいな。




クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-06-07 00:26 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)

作ってみました。6月のタイル 『おたまじゃくしは蛙の子』 

今年は例年よりも梅雨入りが早いようですね。
しとしと雨の降る6月。
田んぼから聞こえる賑やかな蛙の合唱。
大好きです。


b0206491_17573542.jpg
















梅雨、6月をイメージしたタイルを作ってみました。
『おたまじゃくしは蛙の子』 
ヒネリなしでそのままです。




クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-05-29 06:37 | 日々の絵付けと作品と | Comments(4)

もうすぐ母の日。カーネーションをどうぞ。

b0206491_219537.jpg


トルコタイルでよく見られるモチーフ、カーネーション
16世紀後半に生まれたナチュラリスト様式では色々な花が描かれました。
カーネーションは、その中でも代表花とされる四花(チューリップ・カーネーション・
ヒヤシンス・バラ)のうちの一つです。

アトリエ作品の中でカーネーションを探してみました。

b0206491_21112929.jpg

b0206491_21115752.jpg


今更ですが、カーネーションと言えば赤のイメージが強いのですね。
どのカーネーションも無意識に赤色に彩色していました。
母の日のプレゼントに、タイルの花を贈ろうと思います。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-05-01 21:17 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)

アクセサリーに、和箪笥のポイントに如何でしょう?

b0206491_4482374.jpg


先月2月は『小物集中制作月間』に設定して、小物を描きました。
その一部をご紹介。
どうですか?
セッティング台にはめ込んで、ペンダントトップ。
和ダンスやブックスタンドに貼り付けて、イメージチェンジ。
いつも身近に花や鳥を感じて、元気を出していきたいですね。




クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-30 05:06 | 日々の絵付けと作品と | Comments(6)

箸置き作りのその後

2月。アクセサリーパーツなどの小物以外に、箸置き作りも制作続行。

畑違いの事に右往左往。
土はどこで購入したらいいの?
焼成温度はどれくらい?
絵の具は?
釉薬は?

「試作品として数個作ってみたいのですが、土は何百グラムから購入できますか? 」 の問いに、

「最低25キロ !」 のお答え。

えっ、1キロ、2キロでは購入出来ないのですか?!
箸置き1000個は、試作品として多すぎる気がします。。。

と言う訳で、知り合いのセラミック・アトリエを訪問して土を1キロずつ、同時に釉薬も
分けて頂き、3種類の白土・釉薬で試すことになりました。
どれとどれの相性がいいのか。。。手探り状態です。

トルコ人。
一般的に自信過剰なところがあるのですが、陶芸家を始めとして芸術家は更にその傾向
が強くなります。陶芸用の土も用途がどうであれ、自分の持っているものが一番だ!と
主張して譲りません。
そして、その欠点については決して口に出して言いませんので、焼き上がりを自分の目で
見てみないと、何とも言えませんね。

試作品。
第一弾は釉薬との相性が悪かったようで、貫入が入り過ぎで大失敗。
第二弾は、ヒドイ発色。食欲を減退させる色彩の箸置きとなりました。

これが、第三弾。三度目の正直。成功を祈る!

b0206491_423882.jpg





クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-05 04:55 | 日々の絵付けと作品と | Comments(4)

小物集中制作月間、終了!

2月は、勝手に小物集中制作月間として、アクセサリー・パーツや10cm角・5cm角
タイルを描いておりました。

通常、80cm、1mのタイル画を描いている私。
10cmのタイルや1~3cmのアクセサリー・パーツの素地を前に、一体何を描いて
よいのか分からない、何も描けない、、、と硬直状態でしたが、2月を終えてみれば、
いくつかの作品が出来上がっていました。

物が小さいだけに、お題を決めて描かないとオリジナリティーのないものになって
しまいます。
真っ白な素地を前に、絵を描くより先に命名。トルコらしく、かつ個性的に、
ピエロなチューリップ」「お手玉カーネーション」 「グルグル魚」等など。。。

無理矢理でも頭をひねれば、何か出てくるものですね。
本日、窯に持ち込んだ作品達、どんな風に出来上がってくるのか楽しみです。

ほっと一息。
今月3月は、再び装飾タイル画制作に戻ります。
やっぱり、こっちが楽しいです!

ブログも再開です。また、宜しくお願い致します。





クリック、ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-03-01 21:41 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)

箸置き制作 トルコ人&鉛釉との攻防!

お久しぶりです。
ほんの数日のつもりが、2週間も間を空けてしまいました。
その間も、ここに立ち寄って下さった皆さん、どうも有難うございました!

ここ数週間、初めてと言ってよい不慣れな仕事に取り組んでいます。
素地作りです。
いつも座ってばかりの作業でしたのに、突然、立って、屈んで、踏ん張っての生活に、
軟弱な私の手足腰はギシギシと悲鳴を上げています。

一般に、タイル作りは完全分業です。
粘土を練って素地を作る人、絵の具を作る人、釉薬を作る人など素材に関わる人々。
デザインを考案する人、絵付けをする人など装飾に関わる人。
釉薬掛けと焼成等など仕上げの人々。
多くの人の手を経て、タイル・陶器作品が出来上がります。

私の仕事はデザインを考案し絵付けをする装飾部分で、素焼きされた素地を購入し、
そこに絵付けをしています。
(タイル画作家は、陶芸家よりどちらかと言えば画家に近いカテゴリーと言えます。)
b0206491_212021100.jpg

              成形され素焼きされた素地。
              これに絵付けをしてゆきます。


どうして、素地作りからすることになったかと言いますと、先日ちらりと書きました箸置き
作りの為です。
最初は、粘土で型見本を作り、職人さんに素地作りを依頼するつもりでした。
が、頑固で商売上手なトルコ人職人さん達。交渉は非常に難しい。 

箸置きは食器ですから鉛釉は使えません。
故に、いつも扱っている素地では出来ないので粘土から換える必要がありました。
(一般にトルコタイル・陶器は鉛釉が使われています。)
慣れて愛着のある素材を変えるのは、なかなかに難しいものです。

トルコ氏 
こんな小さなものに掛かってる鉛釉の量なんて、人体に害がでるのに100年はかかり
ますよ。人間そんなに生きませんね。
それに、こんなの数ヶ月で割れちゃうから、害なんてナイ、ナイ。


日本者  
いや、そういう問題じゃなくてね。数ヶ月で割れるようなもろいものでも、困りますし。。」

トルコ氏 
お店で売っている商品に“鉛釉使ってない”って書いてあるのあるでしょう?
使っているんですよ、本当は。でも皆の心の平安の為に書いていあるの。
 」

日本者
おい、おい、おい。それは・・・詐欺です、ね? 」

トルコ氏 
みんな、そうしてますよ。人々を不安にさせないための良心的な嘘と言えますね。 」

日本者  
“みんな”ってことはないでしょう。しかも、それは良心的ではなく悪質な嘘です。」

トルコ氏 
たとえば、OKと引き受けたとしようじゃないか。で、出来上がったものから
鉛釉をつかってないってどうしてわかるの?あなた、個人で検査出来ないでしょう?


日本者  
・・・・・

という事で、粘土こねるところから自分達で始めてしまいました。
初めてなので、事情・経緯を説明して、あるセラミック・アトリエでお世話になって
いるのですが、やっぱりトルコ人、「まかせておけ!」と言われて始めたものの、
やっぱり出ました!鉛釉のお勧め。

トルコ氏その2  「僕の釉薬でためしてみよう! 」

日本者      鉛じゃないですよね???

トルコ氏その2  「・・・。鉛だったら、僕は見てそうだとわかるんだ!

日本者      これから使おうとしているのは、鉛かな?ちがうかな?

トルコ氏その2  「鉛。かもしれない・・・

もう、がっくりです。皆さん、鉛好きなんだから。。。

という訳で、新しい粘土と釉薬を注文し、届くのを待つ間、本業に戻って絵付け中です。
トルコ人との鉛釉薬攻防戦。ただいま休戦中。





クリック、ありがとうございます!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-02-14 22:29 | 日々の絵付けと作品と | Comments(0)

小物に挑戦!アトリエの作品作り。

もの作りをしている人、誰もが経験すると思うのですが、慣れてくると作品をどんどん
巨大化してしまう時期があります。
で、昨年は、アトリエの窪田さんも私も大きなものばかりを作ってしまいまして、自室に
飾ることすらできず、、、
大学のデポに置かせてもらったり、箱詰めして置いてあります。
b0206491_22355684.jpg

     窪田有美子さんの作品。シルクロード・シリーズより “西安”。 直径1m 

今年は二人で、小さくて片手で持てるサイズの作品、日常使いできる小物を作ろうか、
と話し合い、巨大化ストップ、小物へと方向転換してみることにしました。

一気に小さくなりますが、小物と言ったら、アクセサリー
b0206491_22464832.jpg

          先日、書いた“逆さチューリップ”もあります。わかります?

焼き上がりを見て、二人で可愛いっ、可愛いっと盛り上がったのですが、、、
   「ねぇ。この先は? ペンダントトップ? Y子さん 銀細工加工できます?」
   「できません。R子さんは?」
   「無理です。出来ない。う~ん。」
   「・・・・・。この先は、改めて、考えましょう。」
と、ここで保留。どうしましょうね。

そして、小物その2。
b0206491_2305765.jpg

         5cm角ブルーアンドホワイト・タイル。
         ハリチ手ババ・ナッカシュ様式です。(様式の復習^^)


   「Y子さん、これはどうしましょう?」
   「こういう箱にしてはどうでしょう?」
b0206491_23154636.jpg

      いいですねぇ~。素晴しい!アイディアの宝庫、Y子さん!

その他にも、10cm角のタイルなども、、、
b0206491_23291733.jpg
b0206491_23294138.jpg
b0206491_23301332.jpg


オリジナルの作品作りも楽しいですが、こうした伝統柄をアレンジしての作品作りも、
また、楽し。
先日ご紹介した箸置きもアレンジ中。
小さな作品が増えてます。

大物タイル描きの二人ですが、小物作りにも慣れてきました。
調子に乗って、オンライン販売でも始めようかしら?




クリック、ありがとうございます!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-01-26 23:45 | 日々の絵付けと作品と | Comments(12)

これ、どうですか?箸置きですが。

b0206491_3472032.jpg

   こんなの作ってみたのですが、
   どうでしょうか?
   箸置きです。
   トルコらしくカラフルに。
   
   下の写真の様に、
   赤をモリモリと盛り上げて塗ったのですが、
   焼成後はそれほどでもなかったですね。
b0206491_3521719.jpg
   

   この箸置きデザインのオリジナルは
   リュステム・パシャモスクのタイルです。
   メインとなる中央よりも、このボーダー部分が好きで、
   この柄の箸置きが欲しい!と作ってみました。

   16世紀のオスマン朝のデザイナー、
   まさか日本の箸置きに使われるなんて
   思いもしなかったでしょうね。
b0206491_3534633.jpg

   箸が転げないように、ちょっと形を改良してみます。
   どうでしょう?
   可愛くないですか?


クリック、ありがとうございます!
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2011-01-09 04:05 | 日々の絵付けと作品と | Comments(10)