7月19日~9月1日 夏休み頂きます

断食月が過ぎ、
大統領選挙も終わり、
本格的にヴァカンスシーズンに入ったトルコ。
皆、別荘へ移動して行き、
イスタンブルも静かになってきました。

私達のアトリエも夏休みを頂きます。
7月19日~9月1日
小学生並みに長い夏休み。
相方さんも私も3年ぶり、
日本の東へ西へ一時帰国です。


出発まであと2週間。
やらなきゃいけない事が山積みで気ばかり焦りますけれど、
まあ、少しずつこなしていけば出発までに終えられるかなと。。。
最悪、徹夜しても飛行機で寝て行けばよいしね。

この半年、振り返って見ても、
ずっと忙しく充実していたようにも思いますし、
反面、「大殺界や!!!」と叫びまくっていた気もします。
胸に応えるお別れもあり、
心躍る出会いや再会もありました。
なかなか忙しく激しい年のようです。
今年の後半戦に挑む為、
日本でリフレッシュしてきます。








クリック、ありがとうございます!


*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com



[PR]
# by ateliercinicini | 2018-07-03 05:48 | 絵付け教室 | Comments(1)

マグロの燻製と白ワイン ~ Melen にて ~

「トルコワインをワイナリーで飲みたいです。ご協力下さい。」
という、
今回の同行者2号さんからのリクエストを受け、
5月上旬トラキアワイナリーの一つMELEN へ行ってきました。

今回のワイナリー巡り。
実は日帰りで2軒訪問する計画を立てました。

ところが道を間違えて
(過去の痛い経験でグーグルマップを信用しなかった私のせい。。。)
時間がおして1軒 (MELEN) のみの訪問となってしまったのです。
が、結果、これが大正解!
(得意技!失敗をうやむやにした上での自画自賛!)

ゆっくりと時間をかけて、
ワイン9種の試飲でグデングデン、
美味しい魚料理を食べつくし、
お腹はパンパンになってしまいました。

b0206491_04494860.jpg

早朝イスタンブルを出発してトラキアへ。
道を間違え遠回りをして、
ご機嫌斜め(傾斜45℃位)の同行者2号さんをなだめつつ、

ほら~綺麗ですね~。
麦が新緑の海のようですね~。
こんな景色が見えたんだもの、
遠回りして良かったですね~。

と周囲の美しい緑を賛美してみましたが、
ゲストのご機嫌がなおらぬままに
目的地のワイナリーに到着。


MELEN3代目オーナーのジェムさんにご挨拶をし、
早速ワイナリーから1キロ程離れたブドウ畑に案内して頂きました。


畑に入った途端に、バラや木々の香が甘く心地良く思いっきり深呼吸!
朝夕は海からの強い風が吹き抜けるという起伏に富んだ土地は、
数十メートルの差で土質も違うため、
栽培ブドウ品種も区画区画異なっています。
畑を指さし丁寧に説明して下さり、
質問にも分かり易く答えてくれるジェムさんに、
同行者2号さんの機嫌は直り、ご機嫌度80%。


畑の一角には、
パガン(多神教)祭壇跡、キリスト教修道院跡、水道跡、孤児院等々、
紀元前からトルコ共和国に至る長い年月を感じる遺跡が沢山残っています。

それらも又一つ一つ説明して下さり、
「(現在続く発掘作業が終了したら、)
 ここをワインや料理、ワークショップの場にするつもりです。
と穏やかに、でも熱く語るジェムさんでした。
(ブドウ以外に興味のない同行者2号さん、ここで再びご機嫌斜め度90℃。)


ブドウ畑からワイナリーへ向かい、中を見学させて頂いた後、
いよいよ、近くのレストランでテイスティング。
(アルコールへの締め付け厳しいトルコでは基本ワイナリーでの試飲は禁止。
 併設のホテルやレストランでの食事という名目でならワインの試飲が可能。)


b0206491_04500102.jpg

ここでですね、マグロの燻製が登場なのです!
塩だけかかったトロリと甘いマグロ!
合わせて頂いたワインが Melen Orpheus REGINA。
(Sauvignon Blanc + Pinot Gris + Semilllion )
脂身のあるトロとこのワインがとっても合っていました!
ワインは単体じゃなくて料理を一緒に楽しむものですね!
美味美味美味。

ご機嫌斜め気味だった同行者2号さんが、
ワイン飲みつつ、
チーズをつまみ、
マグロ、その他の魚料理を口にして
幸せ顔で饒舌にジェムさんとお話開始。
(ヤッター 同行者2号さんの幸せ度100%だ!)
ワインと美味しい料理は人を幸せにします。

ゲストに喜んでもらえて私も幸せ!とホッとしていたら、

それまで静かだった同行者1号さんが突如動き出し、
躊躇わず厨房潜入!
マグロの燻製以外にマグロのハムを発見して試食してる!
(何故、言葉が通じないのにコミュニケーション取れてるんだろう。。。)
美味しいもののある所、同行者1号さんありなのです。
(勿論、私も後ろからコソッと付いてって試食。)

終わり良ければ総て良し。
同行者1号さん楽し気で、
同行者2号さんも幸せそう。
そんな二人を見て私もとっても嬉しく
とても充実したMELENでの一日でした。。。


実は、大らかな同行者1号さん、几帳面な2号さんともに私の元上司。
(トルコに来る前10年間、私も人並みに会社勤めをしておりました)
知り合って25年、全く変わらぬお二人に道中で頂いたお言葉、
「相変わらず変わり者だね」
は褒め言葉と取っておくこととしました。
有難うございます。


ノート:
* MELENのジェムさんは海好き、魚好き。
  故に、ジェムさんの作るワインは魚にとても良く合います。
* MELENを訪問する際は、
  グーグルマップ通りに行っても大丈夫!


☆MELENのHP
     ブドウ畑ツアーは10人以上で催行だそうです。

☆オーナー、ジェムさんのインスタグラム
     ブドウ畑、ワイン、魚、海への愛を感じます!









クリック、ありがとうございます!


*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com



[PR]
# by ateliercinicini | 2018-05-20 01:59 | ワイナリー | Comments(2)

一見の価値あり! ヌルオスマーニエ・ジャーミー地下倉庫

2月、3月と作品展の打ち合わせがありまして、
トルコ人担当者に何度ブチ切れた事か。。。
私、比較的、気が長く温厚な方だと思うのですが、
今回は相手の担当者が怖がって、
直接連絡とってこなくなる程に鬼になりました、私。
それでも、
最後まで変わらぬ担当者嬢のダメっぷりに
作品展オープニング当日は大笑いでございました。
(担当者嬢の抜けっぷりはまたいつかご紹介したいと思います。)


前置きが長くなりましたが作品展が始まりました。

Yeditepe Bienail (七つの丘ビエンナーレ)
(「七つの丘の都」はイスタンブルの呼称のひとつです)

b0206491_03335520.jpg

3月31日に始まり5月15日まで続く
トルコ伝統芸術を中心としたビエンナーレで、
旧市街7つの丘、幾つかの会場で開催されています。
プログラムはこちらをご覧ください。→ 

その中の会場の一つが、
グランドバザール側にあるヌルオスマーニエ・モスクの地下倉庫。
1755年に完成したモスクの複合施設群の一つなのですが、
使用されることなく300年間閉ざされてきました。
それが、今回のビエンナーレで初公開されることになったのです。

オープニング当日、初めて足を踏み入れて、
作品展そっちのけで、
(人ごみが凄くて作品に近寄れなかったというのもあるんですが)、
迷宮の様な地下倉庫内を恐る恐る歩きながら興奮して、
オスマン時代建築の素晴らしさに鳥肌が立ちました!
なんで現代トルコの建築は。。。。。

機会があれば皆さん、是非見て下さい!
これだけ気持ちが騒めくスポットはそうありません。
(ナニモノかが棲みついてる!!!)



こちらの会場に、
相方さんと私も、作品を出展しておりますのでご覧下されば幸いです。

私も後日改めて見に行きます。

b0206491_03342550.jpg
自分の作品は見なかったけど、
アディル・ジャンさんラウフさんの作品はチェック!






Yeditepe Bienali  (七つの丘ビエンナーレ)
会期 4月1日~5月15日
各会場、作品展毎に会期は異なりますので、
詳しくはこちらをご覧ください。→ 

相方さんと私は、
Nuruosmaniye Camii Mahzeni
(ヌルオスマーニエ・ジャーミー 地下倉庫)会場に出品しております。
お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りください。
場所はグランドバザールのヌルオスマーニエ門から徒歩1分。

b0206491_04291799.png


グランドバザールを背にして左へ行き、
右手に旗が沢山たっていますのでそれを目印に!
↓ こんな入り口です。


b0206491_04364539.jpg




クリック、ありがとうございます!


トルコランキング


*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com


[PR]
# by ateliercinicini | 2018-04-13 04:49 | 展覧会・作品展 | Comments(0)

これまた素敵なタイル・サイドテーブル 

昨年後半からサイドテーブル制作が人気です。

正方形のテーブルは場所をとると躊躇う方も、
長方形なら壁に寄せて置けるから大丈夫!
しかも枚数も好みの枚数で作れるし!
・・・という事で、
正方形テーブルに続いて、
長方形テーブル制作希望者続出です。

b0206491_14181982.jpg

こちらの写真、
春にイスタンブルから離れて行かれた生徒さんの作品。
トルコを発たれる直前まで、
宿題を持ち帰り頑張って仕上げられてものです。
(もっと続けて頂きたかった!)

ラインの乱れや少しの色むらも許さない几帳面さで、
4枚のタイルを完璧に描き上げられました。
ターコイズブルーベースの爽やかなタイルに、
テーブルの脚はメタルで軽やか。
とっても素敵です!

Aさん、お写真送って下さって有難うございました。




重厚感ある正方形タイプのテーブルも魅力的。
       ⇒ 流行の兆し?タイル・サイドテーブル





クリック、ありがとうございます!


トルコランキング


*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com






[PR]
# by ateliercinicini | 2018-04-12 01:51 | 絵付け教室

3~4月の作品です。

随分長い間、
ご無沙汰してしまいました。
冬の間、
作品展や注文品の制作に追われておりまして、
机いっぱい、床いっぱいに、
制作途中のタイルを広げているものですから、
パソコンを立ち上げるのがついつい億劫になって、、、
ブログを書くのをサボってました。
ごめんなさい。

私はサボり魔ですが、
その間も全く制作ペースを緩めなかった生徒さん達。
今回もテーブル用組タイルあり(同じ柄で色違い。雰囲気全く違います)、
シックな配色の鏡枠あり、
食卓で使える素敵なお皿あり。
更に、
可愛い猫さん鳥さんや
短いトルコ旅行の間に一気に描き上げた鍋敷きまで、
個性的な作品が焼き上がってきています!
どうです!
素敵でしょ!
(私が描いたんじゃないけど自慢)



b0206491_02270000.jpg
b0206491_02272216.jpg
b0206491_02271129.jpg





クリック、ありがとうございます!


トルコランキング


*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com


[PR]
# by ateliercinicini | 2018-04-11 02:52 | 絵付け教室 | Comments(2)