お勧め!ワッツ・ギャラリー~チャペルへ 《2016 秋旅》

モルガンタイルを見るために訪れた Watts Gallery の、
半地下になった小部屋でモルガンタイルと対面した後は、
メインの館内を鑑賞。
b0206491_4451759.jpg

Watts Gallry は、
もともと ジョージ・フレディリック・ワッツ(1817-1904)が
自身の作品のみを展示する目的で建てた美術館で、
彼と彼の妻メアリーの絵画、陶芸、彫刻作品が見られ、
彼らのファンにとっては、それはもう天国の様な美術館です。

が、油絵見てると眠くなっちゃう私は、
案の定、立ったままウトウトし始めてしまいまして、
(無礼者!なのは重々承知。でも耐えられへんの。)
長居できへん!と
さらさらさら~と見て回り、
モルガン部屋へと戻ってきましたら再び開眼!
カメラもバックに閉まって、
作品をじっくりと眼と心に刻みつけて参りました。

十分にモルガンを堪能した後、
ギャラリーを出て300 m 程南西に向かうと、
そこにあるのは Watts Chapel。

b0206491_5222966.jpg

遠くから見るとビザンティンの教会の様にシンプルに見えるんですが、
近づくにつれ、尋常じゃない装飾に圧倒され始めます。
フレデリック・ワッツの妻メアリーが
地元の人々と一緒に作り上げたチャペルです。

b0206491_5342178.jpg

ケルトとアールヌーヴォーが混ざったような感じで、
複雑に曲線が絡み合っています。
土地(コンプトン)の土を使ったテラコッタ。

b0206491_5374776.jpg

見入ってしまうと息をするのを忘れる程の装飾です。
鬼気迫る感じ。

b0206491_5391626.jpg

そんな風に上から睨まれてたらチャペルの中に入られへんやん!
って言いたくなる。
それでも視線を掻い潜って足を踏み入れますと、

b0206491_5425061.jpg

内部もまた装飾と色で溢れています。
このチャペル、全く気持ち穏やかにはなれません。。。
が、
メアリーさんの気合と、
一緒に制作に携わった村人たちの真剣度が感じられ、
見ごたえのある建築でした。

Watts Gallery と Watts Chapel はGuildford (ギルフォード)駅から、
バスで10分程。
b0206491_655613.jpg

行きはよいよい、帰りは怖い。
地味なベンチに直接バスの時刻表を張ってあるだけの帰りのバス停。
あまりに主張がなさすぎて、
1時間に1本のバスを逃すところでした。

絵画、陶器、建築に興味がある方には、
お勧めの Watts Gallery & Chapel です。


モルガンタイルと会う旅 1日目前半 → 




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。
[PR]
by ateliercinicini | 2016-09-28 06:26 | | Comments(0)
<< アシュモーリアン博物館 Oxf... 9月1便、届きました。 >>