タグ:イスタンブル ( 44 ) タグの人気記事

一見の価値あり! ヌルオスマーニエ・ジャーミー地下倉庫

2月、3月と作品展の打ち合わせがありまして、
トルコ人担当者に何度ブチ切れた事か。。。
私、比較的、気が長く温厚な方だと思うのですが、
今回は相手の担当者が怖がって、
直接連絡とってこなくなる程に鬼になりました、私。
それでも、
最後まで変わらぬ担当者嬢のダメっぷりに
作品展オープニング当日は大笑いでございました。
(担当者嬢の抜けっぷりはまたいつかご紹介したいと思います。)


前置きが長くなりましたが作品展が始まりました。

Yeditepe Bienail (七つの丘ビエンナーレ)
(「七つの丘の都」はイスタンブルの呼称のひとつです)

b0206491_03335520.jpg

3月31日に始まり5月15日まで続く
トルコ伝統芸術を中心としたビエンナーレで、
旧市街7つの丘、幾つかの会場で開催されています。
プログラムはこちらをご覧ください。→ 

その中の会場の一つが、
グランドバザール側にあるヌルオスマーニエ・モスクの地下倉庫。
1755年に完成したモスクの複合施設群の一つなのですが、
使用されることなく300年間閉ざされてきました。
それが、今回のビエンナーレで初公開されることになったのです。

オープニング当日、初めて足を踏み入れて、
作品展そっちのけで、
(人ごみが凄くて作品に近寄れなかったというのもあるんですが)、
迷宮の様な地下倉庫内を恐る恐る歩きながら興奮して、
オスマン時代建築の素晴らしさに鳥肌が立ちました!
なんで現代トルコの建築は。。。。。

機会があれば皆さん、是非見て下さい!
これだけ気持ちが騒めくスポットはそうありません。
(ナニモノかが棲みついてる!!!)



こちらの会場に、
相方さんと私も、作品を出展しておりますのでご覧下されば幸いです。

私も後日改めて見に行きます。

b0206491_03342550.jpg
自分の作品は見なかったけど、
アディル・ジャンさんラウフさんの作品はチェック!






Yeditepe Bienali  (七つの丘ビエンナーレ)
会期 4月1日~5月15日
各会場、作品展毎に会期は異なりますので、
詳しくはこちらをご覧ください。→ 

相方さんと私は、
Nuruosmaniye Camii Mahzeni
(ヌルオスマーニエ・ジャーミー 地下倉庫)会場に出品しております。
お近くにお越しの際はどうぞお立ち寄りください。
場所はグランドバザールのヌルオスマーニエ門から徒歩1分。

b0206491_04291799.png


グランドバザールを背にして左へ行き、
右手に旗が沢山たっていますのでそれを目印に!
↓ こんな入り口です。


b0206491_04364539.jpg




クリック、ありがとうございます!


トルコランキング


*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com


[PR]
by ateliercinicini | 2018-04-13 04:49 | 展覧会・作品展 | Comments(0)

これまた素敵なタイル・サイドテーブル 

昨年後半からサイドテーブル制作が人気です。

正方形のテーブルは場所をとると躊躇う方も、
長方形なら壁に寄せて置けるから大丈夫!
しかも枚数も好みの枚数で作れるし!
・・・という事で、
正方形テーブルに続いて、
長方形テーブル制作希望者続出です。

b0206491_14181982.jpg

こちらの写真、
春にイスタンブルから離れて行かれた生徒さんの作品。
トルコを発たれる直前まで、
宿題を持ち帰り頑張って仕上げられてものです。
(もっと続けて頂きたかった!)

ラインの乱れや少しの色むらも許さない几帳面さで、
4枚のタイルを完璧に描き上げられました。
ターコイズブルーベースの爽やかなタイルに、
テーブルの脚はメタルで軽やか。
とっても素敵です!

Aさん、お写真送って下さって有難うございました。




重厚感ある正方形タイプのテーブルも魅力的。
       ⇒ 流行の兆し?タイル・サイドテーブル





クリック、ありがとうございます!


トルコランキング


*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com






[PR]
by ateliercinicini | 2018-04-12 01:51 | 絵付け教室

3~4月の作品です。

随分長い間、
ご無沙汰してしまいました。
冬の間、
作品展や注文品の制作に追われておりまして、
机いっぱい、床いっぱいに、
制作途中のタイルを広げているものですから、
パソコンを立ち上げるのがついつい億劫になって、、、
ブログを書くのをサボってました。
ごめんなさい。

私はサボり魔ですが、
その間も全く制作ペースを緩めなかった生徒さん達。
今回もテーブル用組タイルあり(同じ柄で色違い。雰囲気全く違います)、
シックな配色の鏡枠あり、
食卓で使える素敵なお皿あり。
更に、
可愛い猫さん鳥さんや
短いトルコ旅行の間に一気に描き上げた鍋敷きまで、
個性的な作品が焼き上がってきています!
どうです!
素敵でしょ!
(私が描いたんじゃないけど自慢)



b0206491_02270000.jpg
b0206491_02272216.jpg
b0206491_02271129.jpg





クリック、ありがとうございます!


トルコランキング


*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com


[PR]
by ateliercinicini | 2018-04-11 02:52 | 絵付け教室 | Comments(2)

流行の兆し?タイル・サイドテーブル

教室には、
生徒さん達の制作途中作品や完成作品が並んでいます。
それを見ながら、
次に何を制作しようかと
イメージを膨らませるのも楽しみの一つです。

そんな中
制作途中から、
他の生徒さんの注目を集めていた作品。
そして
「あのタイルは焼き上がりましたか?」
「サイドテーブルになりましたか?」
とず~っと関心を集めていた作品。

出来上がりました!
そして、
制作された生徒さんから写真を拝借!

b0206491_06220760.jpg

タイル部分が40x40cm。
コバルトブルーとマンガン紫の濃淡を上手く表現されて、
緑とピンクも加えた明るく優しい配色。
上品、かつ、エフェスビールがよく似合う!

この素晴らしい出来に、
「私も作ります!」
の声が次々あがって、
教室では、
只今、サイドテーブル制作ブームが起きつつあります。
トルコで暮らした記念になりますよね。
私も作ろうかと思案中。。。



クリック、ありがとうございます!


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時 (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。




[PR]
by ateliercinicini | 2017-11-05 06:39 | 絵付け教室 | Comments(0)

締め切りからの解放と真冬の暖房ナシ生活

今冬も急きょコンペへ応募することにしたために、
(今年は応募するつもりなかったのに、
 売り言葉に買い言葉で応募することになった。。。
 そのお話はまた次回)
一ヶ月半の短期決戦で60x80cmのタイルパネルを描き上げました。
この大きさですと通常、
図案を描き始めてタイル絵付けを二ヶ月~三ヶ月かかるので、
今回のこのスピード、私的には最短記録!
ナポレオン並みの睡眠時間+昼寝+居眠りで乗り切りました。
(結構寝てる。。。)

その作品が焼き上がり額装してもらって、
ゼイティンブルヌという遥か彼方まで提出に行ったのが昨日の事。
暴風と雨で船や飛行機が欠航になった日。
悪天候でイスタンブル広域で停電となった日。

板に張り付けたタイルパネルの重量は15キロ程。
15キロのボードを持って嵐の中を歩く恐ろしさ。。。
今回は飛ばされるかと思いました。
しかも気温は1℃、2℃。
塗れネズミのような私達の横を
エブル(マーブリング)やハット(アラビア書道)部門の人達が、
(もちろん傘をさして)
紙一枚ペラ~ンと提出して帰ってゆくのを見て、
トルコにおけるチニジ(装飾タイル描く人々)の格付けを改めて感じるのでした。。。
  *トルコ(イスラム)芸術において、
   ハット(書道)やテズヒップ(コーラン装飾)は最高位、
   ついでミニアチュール(細密画)エブルなど、製本にかかわる芸術が来て、
   チニ(タイル)やカレムイシ(壁面や天井の装飾)が底辺に来るのです。涙

疲れ果てたけど、兎に角締め切りからは解放された~!!!
と清々しい気分で家に帰りまして、
熱~いシャワーを浴びて即寝よう、
と浴室へ直行しましたら水しかでない。。。
久々に思う、ひょっとして私は不幸?

先日来、コンビ(温水給湯+温水循環暖房機?)が壊れていまして、
暖房が効かなくなっていたんですけれどね、
シャワーまでも壊れてしまったとは。。。
(ちょっと前から気配はあったんですけど。)

数日前よりコンビの修理屋さんには予約済。
10時~20時までの何時になるか分からないので丸一日家に居て下さいね!
というサービスなので、お休みの日にしか予約を入れられません。

1度目の訪問は、壊れてる所チェック!
2度目の訪問は、
 壊れてる所用パーツを持ってきたけど持ってきたパーツが間違ってた!
で、現在に至る。。。
本日3度目の訪問予定で、
現在修理人ムーサ―君待ちなのですが、
シャワーも完全に壊れましたよって告げたら、、、
また、
「新しいパーツを持ってきます。で次回はいつお休みとれますか?」
とか言われそうな予感。。。
頼むよ、ムーサ―、何とか今日直して頂戴。
君は奇跡の人ムーサ―なんだから。(ムーサ―=モーゼのトルコ語名)




クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。








[PR]
by ateliercinicini | 2016-12-30 18:22 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

手放せなくなりますね。。お母様&息子君たちの合作タイル。

b0206491_00474134.jpg
色鮮やかなカフタン(トルコ民族衣装)。
3人の息子さん達が、
皆それぞれの異なる柄を選んで、
紙の上に色鉛筆で描き出した色彩案。
明るくのびのび自由な感覚!
色々と計算してしまう大人には出来ない組み合わせです。

その色彩案をそのままに、
タイルにラインを描き、
彩色されたお母様の大変さと言ったら。。。
色の区切りが細かくて複雑で、
横で見ているだけで、
眉間に皺が入ってしまう程の困難さでしたが、
描き上げられました!

焼成後の作品には、
息子君たち、
自ら額縁を選ばれたそうです。
端午の節句に、
兜や鎧に並べて飾りたいですね。

3つ並んだ作品を見る度に、
笑顔になってしまいます。
どの1つが、
欠けても淋しくなる。

3つ共、欲しいんですが。。。とはさすがに言えませんでした。



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

*****************************************
◆◇◆トルコタイル絵付け教室◆◇◆
   
    【 体験コース / 短期フリー制作コース / 定期コース 】
    *体験コースでは旅行者の方にも挑戦して頂けます。

    午前の部 10時~13時 / 午後の部 14時~17時  (月曜定休)
   
    お問い合わせは istanbultile@gmail.com へ。


[PR]
by ateliercinicini | 2016-11-01 01:26 | 絵付け教室 | Comments(0)

冬至です、新作開始。

焼き上がったタイル画を額装し終えて、
当初の予定通り、
先週末提出してきました。
タイルパネルは12枚組10キロ越えで、
額装して板状になると、
脇に抱えることもできず、
二の腕プルプル、
指、掌ピクピク。
腕力、握力を向上しなければならぬと思ったのでした。

そして、
晴れ上がった冬至の本日。
気分新たに新作品に取り掛かります。
(宣言しないと腰があがらないの)

毎春に開かれる 
“エルグワン(西洋ハナズオウ)とイスタンブル”
という作品展へ出品予定です。

チューリップがトルコの国花なら、
エルグワンはイスタンブルの花。
毎年春、
チューリップシーズンが終わる頃
ボスポラス海峡沿いに咲き始めます。
b0206491_220259.jpg
              写真はwiki よりお借りしました

エルグワンはマメ科の樹木で、
花は可憐というよりは、ボテっとマメ型で、
幹からいきなり花が咲くという、
なかなか絵になりにくい花で扱いにくい。
今年の〆として、
苦手に挑戦です。^^

b0206491_2205795.jpg
                  こちらもwiki より拝借


でも、エルグワンだけではなんですので、
イスタンブルでよく見る鳥、
ズアオアトリにも一緒に入ってもらいます。
この鳥、スズメ科のアトリでとっても可愛いんです。
なんだか、
エルグワンではなくて、
この子が主役になりそうな予感。。。
鳥、大好き。

さあ、頑張ろう。







クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2014-12-22 22:24 | 日々の絵付けと作品と | Comments(2)

感謝、感激!草木染毛糸がやってきた!

キリムが織りたい季節が来たのに、
端切れ毛糸しか手元になくて、
適当に糸を通して遊んでいました。
と言うのも、
いつも利用していた絨毯・キリム糸屋さんが
突然いなくなってしまい(夜逃げか?)、
ここ1年半ほど毛糸が手に入らなくなっていたんです。

そして、
どうしよ、どうしよ、毛糸が欲しいよ、
キリム糸じゃなくって絨毯糸でもいいから毛糸が欲しい

といつも諸々お世話になっている姉さまに
相談したのは一ヶ月前の事。

それが突然先週末、姉さまから
明日行く村で糸買えそう、買ってこか?
とのメッセージに、勿論即答、
宜しくお願い致します!

感謝、感激!はるばる遠い村から運んできて頂いた毛糸です。
b0206491_428551.jpg

毛糸は、
ミラス絨毯の産地の一つボザラン村のもの。
未だ化学染料を使わずに、
ハーブや樹木の皮や根っこ、泥でもって
毛糸を染めているボザラン村の絨毯は有名だそう。
まさかそんな所から糸を持って来てもらえるとは、、、、
有難うございます!姉さま!
で、大した絨毯を織るわけでもないのに、
貴重な糸を分けて下さったボザランの方、
テシェキュル エデリム!
b0206491_452172.jpg

虫が付かないようにね
と毛糸に振り掛けられた乾燥タイムは大変芳しく、
反って虫さんの食欲がわくんじゃないかと思ってしまう。。。
b0206491_4543720.jpg

アトリエの本棚に引っかけた毛糸は
見ているだけで気持ちが暖かくなります。
見方によってはクッツキ虫みたいで可愛らしい。

これから暇を見つけて、
クルクル小さな糸玉巻いてゆきます。
これ、また、楽しい作業です ♪






クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2013-12-03 05:11 | イスタンブルの日常生活 | Comments(6)

第六感なのか、思いが強すぎるのか。

トルコに来てから、よく起こること。
諸々訳があって、今、あの人とは顔を合わせたくないなとか、
逆に、あの人どうしているだろう、元気にしているのだろうか?
と思っていると、
目の前にその人が現れたり、
電話がかかってきたり。。。
そんな事が怖いほど多いんです。

先日来、
コンペ参加用の作品の出来があまりに悪く、
こんなタイル画を描いていたら恩師に合わせる顔がないと、
ウジウジ落ち込んでいたら、
その師から Facebook で友達申請が届いてしまった!!
あ~、出来ることなら見なかったことにしたい。
しかし、そういう訳にもいかないので、
勿論、“お友達”になりました。
(この“友達”という呼称もはばかられる程に、
 恩師の前ではいつも委縮してしまう。)

そして、怖れていたメッセージ。
「何してるの?色々順調?」
どう返事をして良いのやら。。。
返事をせぬのも無礼故、
「元気にしてます。」
と、せめてもの返事。

何と、先生、参加したコンペの審査員になっているそう。
私の作品に気づきませんように! (作品は無記名で提出)
40歳過ぎて、今だ、師の前では小学生並みのオタオタ振り。
情けないやら、恥ずかしいやら。

それにしても、
この虫の知らせ?(じゃないね)、第六感?的現象は何なのでしょう。。。





クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


*****************************************


オンライン・ショップ【手描きトルコタイル アトリエ・チニチニ】
[PR]
by ateliercinicini | 2013-11-02 05:16 | イスタンブルの日常生活 | Comments(0)

zeytin さんも出展中のチニ(装飾タイル)展覧会に行ってきた

先日、zeytin さんも出品されている装飾タイル展に行ってきました。
b0206491_2072997.jpg

丁寧に構図を練って、細かく書き込まれた ilahi(神や預言者を称える言葉)、
鏡枠、大皿などが出展されていて、
見るからに一つ一つにかなりの時間を費やされた作品は、
使われる色やモチーフの基本は同じでも、
どれも全く異なる表情を見せていて興味深かったです。

概して、何事も大雑把なトルコ人なのですけれど、
事、伝統工芸・手仕事に関しては気の遠くなるような細かさを見せてくれます。
今回の作品も、なんでこんなに細かいの!と言うほど繊細なものが多かった。
私、個人的好みから言えば、
3メートル離れて見た時に美しく見える”位の大柄のデザインが好きですが、
今回のような細かいものも良いですね。

その中で、zeytin さんの作品はというと、、、
トルコ人以上に細かくて、乱れず安心感のある仕上がり。
で、男前な作品でした。^^
さすが、zeytin さん!

5月下旬にはドルマバフチェ宮殿での作品展が控えているzeytinさん。
そちらには、“扉”を出品されているのだそう。
タイルの扉?興味津々なのであります。
お疲れ様 、zeytin さん!


作品展はイスタンブル・ヒルトンホテル側にある
cemal reşıl rey conser salonu (ジェマル レシット レイ コンサート会場)
で、5月26日(日)まで開催中です。
(アラビア書道展も同時開催中です。)

皆様も是非!



クリック、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by ateliercinicini | 2013-05-23 21:01 | 展覧会・作品展 | Comments(2)